企画協力:Yahoo!天気・災害, Yahoo!地図, Yahoo!ヘルスケア

今すぐなんとかしたい「花粉によるつらい悩みランキング」――花粉による目の症状に対する対処法とは?

提供:千寿製薬 最終更新:2018年1月23日(火)
2018年の花粉情報の更新は終了しました。
  • トップ
  • お役立ちコラム[PR]
  • 花粉でお悩みの方にとって、花粉が飛ぶ季節になると「またこの季節が来てしまったのか」「これさえなければもっと快適に毎日を過ごせるのに」と恨めしくさえ感じる日々。みんなはどんなことに悩んでいるのか、悩みが深い花粉によるアレルギーの目の症状にはどう対処すればいいのか、ランキングを交えてご紹介します。

    花粉による目の症状を感じている人は8割

    花粉による症状を感じている20代から60代の男女14,994人に“花粉による症状を感じている部位”についてアンケートを実施したところ、「鼻」と「目」に悩みを感じている人の割合が突出して高いことが明らかになりました。
    所かまわず出てしまうくしゃみや、自分の意図と関係なく流れ出す鼻水、逆に鼻に栓をされたような感覚がして気持ちの悪い鼻詰まり。一方、ガマンできないほどの目のかゆみや、人から指摘されて気付く充血、突然流れ出す涙……花粉による悩みは本当つらいものですよね。

    「目のかゆみ」に悩んでいる人が最も多く97%

    “花粉による目の症状”を感じている20代から60代の男女600人にアンケートをしたところ、「かゆみ」と答えた人が97.0%に上りました。次に多いのが「ゴロゴロする」で56.5%、そして「充血」(52.2%)、「涙が出る」(40.0%)、「痛み」(14.2%)と続きます。

    かゆみがつらいときに“目薬”を使用している人が約9割

    “目がかゆいときに自分なりに行っている解消法”を質問したところ、最も多かったのは「目薬をさす」で88.3%、次いで「目を洗う」(60.3%)と続きます。それ以外にも、してはいけないとわかってはいても「ごしごしと目をこする」が28.3%、かゆみを落ち着けるために「目を冷やす」が21.7%という結果でした。
    また、花粉が飛散するシーズンのアレルギー用目薬の平均販売金額は年々少しずつ上昇しているというデータがあります。
    これは、値段が高くても、できるだけ効果感が高く自分にピッタリくる目薬を探し求めている人が多いことを表わしているのかもしれません。

    “本当に困っている人”にこそ試してほしい目薬があります

    「かゆい、でもどうすることもできない」という悩みを軽くしたいと願う人に試してほしい目薬があります。
    ■ 花粉・ハウスダストなどによる目のアレルギー症状に、従来の一般用アレルギー用目薬を2日間位使用し、十分な効果が得られなかった方
    ■ アレルギー症状が続き、かつ炎症をともなう方
    (例えば、目のかゆみだけではなく、異物感(コロコロする感じ)・充血・なみだ目などの症状を強く感じる方)
    そんな人にこそ試してほしいのが、千寿製薬の医薬品「マイティアアルピタットEXα」です。
    (外部サイト)
    「マイティアアルピタットEXα」は4つの有効成分を配合し、花粉などによる目のアレルギー症状に効果を発揮します。
    抗アレルギー成分<クロモグリク酸ナトリウム>が、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの化学伝達物質の放出を抑え、抗ヒスタミン成分<クロルフェニラミンマレイン酸塩>が、放出されたヒスタミンが受容体に結合するのをブロックし、目のアレルギー症状を鎮めます。
    また、抗炎症成分<プラノプロフェン>が炎症の原因物質プロスタグランジンの生成を抑えることにより、炎症を鎮め、症状を緩和させます。
    さらに、角膜保護成分<コンドロイチン硫酸エステルナトリウム>が、アレルギーによる目の炎症症状で傷ついた角膜を保護します。
    このうち、目のかゆみに効く抗ヒスタミン成分<クロルフェニラミンマレイン酸塩>と角膜保護成分<コンドロイチン硫酸エステルナトリウム>を承認基準内最大濃度配合(※1)しています。
    とにかく目のかゆみをなんとかしたいと感じている方はぜひお試しください。
    ※1 一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合

    花粉対策セルフチェック

    • 花粉対策度チェック
    • 花粉の知識(スギ花粉編)
    • 花粉の知識(花粉全般編)
    • 快眠度チェック
    • ストレス度チェック
    トップ